子育ての情報

【小学生】縮毛矯正はいつからできる?メリット・デメリットなど実際行った体験談を紹介!

※この記事はプロモーション広告を利用しています

 

小学生で縮毛矯正できるの?

メリットやデメリットも知りたいな。

 

このような質問にお答えします。

くせ毛の小学生をお持ちのママは気になりますよね~?!

実際、わたしも同じような悩みがあって、娘が小学6年生の時に縮毛矯正をしました。

 

うさチャンママ

縮毛矯正をやって良かった!

 

小学生で縮毛矯正は早いかな?やっていいのかな?など悩みがあると思います。わたしもそうでした。

そこで今回は、実際に子供が縮毛矯正をした経緯や体験談など、メリットやデメリットも解説していきます。

 

本記事の内容は以下の通りです。

ポイント

  • 【小学生】縮毛矯正はいつからできる?
  • 【小学生】縮毛矯正のメリット・デメリットは何?
  • 【小学生】縮毛矯正した我が子のビフォーアフター!
  • 【小学生】縮毛矯正アフターケアは?注意点は?
  • まとめ

 

この記事を読むことで、小学生でも縮毛矯正ができることが分かると思います。

では、早速見て行きましょう!

本記事は約3分で読めます。

最後まで読んでみて下さいね。

 

 

【小学生】縮毛矯正はいつからできる?

 

何歳からでも縮毛矯正はかけることが出来る!

なので、小学生はいつからでもOK!

 

知り合いの美容師さんは、「小学生はいつからでも全く問題なし!」と言っていました。縮毛矯正は頭皮に薬剤を付けますが、体に悪影響はありません

 

だだ、条件はあります。美容師さんに聞きました!以下の通りです。

  • 約3時間程、じっと座ってられること
  • 薬剤の匂いが大丈夫であること
  • 髪の毛の質が縮毛矯正に耐えれるかどうか

 

縮毛矯正は、子供だからと時間短縮はないので早くは終わりません。

最低でも2時間半から3時間はかかるので、その間じっと座っていることが出来る子供が対象になります。

その点を考えると小学生の高学年がベストですね

娘が行った美容室は、タブレットがありYouTube見放題でした。そのような設備のある美容室も選択肢に入りますね。

 

また、縮毛矯正の薬剤は匂いが強いので、そのことを子供に伝えておいて下さい。

事前に美容室に行って「こんな匂いだよ」と相談するのも良いと思います。

 

髪質や頭皮の状態によっては、縮毛矯正をかけれない子供もいます。

髪が異常に細い、頭皮に発赤や・湿疹などがあり治療している場合です。

髪が細いと傷んでしまうことや、薬剤を使用するので、頭皮の状態が悪くなることが懸念されるので、事前に美容師さん・皮膚科の先生に相談するとよいでしょう。

 

小学校は校則が厳しい印象はないですが、パーマ禁止の学校もあります。ストレートもパーマなので禁止!と言う学校もありますので、注意して下さいね。

 

[quads id=1]

 

【小学生】縮毛矯正のメリット・デメリットは何?

 

縮毛矯正をかけることによって、「メリット」「デメリット」があります。それについて解説していきますね。

 

メリット

最大のメリットは・・・?

うねりがなくなり、さらさらのストレートになる!

 

わたしもくせ毛でコンプレックスがあり、さらさらのストレートになった感動は忘れません!

最大のメリットは、くせ毛のうねりからの解放・コンプレックス軽減しすることでしょう。

 

縮毛矯正は、他にもメリットがいくつかありますよ。

メリット

  • スタイリング時間が短縮出来る
  • 髪の毛がボリュームダウン
  • 自分のやりたい髪型に仕上ることもできる
  • 梅雨や雨の日でも髪がまとまりやすい

 

くせ毛だと、必然的にボリュームが多く乾かすのも時間がかかります。縮毛矯正をかけたら、乾かす時間も減り時短にもなります。

また、くせ毛部分をドライヤーで伸ばしたりアイロンかけたりとスタイリングに時間がかかり、その上自分の思い通りの髪型のできないこともよくある話です。

くせ毛の最大の敵は、湿気の多い雨の日・梅雨時期ですよね。小学生はプール・スポーツの後の髪が濡れることもあります。

縮毛矯正をかけると、髪がぬれてもあまり心配しないでよくなりますよ。

 

デメリット

最大のデメリットは・・・?

縮毛矯正を後のストレートは永久ではない!

 

伸びた髪は、当然くせ毛なので、また縮毛矯正をかける必要があります。

 

縮毛矯正は、他のデメリットもいくつかあります。

デメリット

  • 維持費がかかる
  • 髪の毛のダメージ
  • 施行者の技術によって仕上がりの差がでる

 

ストレートを維持するには、繰り返し縮毛矯正をかける必要があり維持費がかかります。

子供が行った美容室は、子供料金はなく大人と同じ値段でした。美容室によって料金は異なりますが・・・

縮毛矯正料金の相場 約10,000円~20,000円

 

また、縮毛矯正は薬剤やアイロンの使用するので、髪は痛みます。トリートメントを併用がおすすめです。

施行者によって仕上がりも違うので、縮毛矯正に特化してたり、得意な美容室を選択するとよいでしょう。

 

【小学生】縮毛矯正した我が子のビフォーアフター!

 

この章では、娘が縮毛矯正をしてどのように髪が変化したのか?また、縮毛矯正をした経緯などを紹介します。

 

《縮毛矯正をかけた時期》

  • 小学6年生 11歳
  • 修学旅行前 9月

《髪質(美容師さんに言われたこと)》

  • うねりくせ毛
  • 髪質 太い
  • ボリューム かなり多い

《娘の心境と縮毛矯正をするきっかけ》

小学6年生になり、髪型を気にする年頃になりました。朝はドライヤーして思い通りにいかないこともよくあり・・・登校時間になり、不機嫌に登校していたことも。

友達が縮毛矯正をかけてたと情報をわたしに相談してきました。

修学旅行もある前に思い切って縮毛矯正しました!

《料金》

10,000円 カット込

《所要時間》

2時間45分

 

ビフォー写真

うねりが強くかなり膨張し、髪の量も多く、とにかく乾かすのも大変でした。

自分の容姿も気になる年頃です!わたしも学生時代にくせ毛がコンプレックスで気持ちはよ~く分かります。

思い切って縮毛矯正しました~!

↓    ↓

 

アフター写真

さらさらのストレートになりました。何よりも、お迎えに行った時、娘の笑顔が忘れらせません!

縮毛矯正かけて、朝のスタイリングの時間もかなり短縮!元々、ヘアアレンジが好きな娘で、今はやりたい髪型に挑戦してご機嫌で登校しています。

顔の印象も変わり(いい方に)親子共々、本当に縮毛矯正かけて良かった!!!と言っています。

 

小学生の子供が、くせ毛に悩んでいるママは多いと思いますが・・・一度、縮毛矯正をやってみてみる価値はありますよ~。

 

[quads id=1]

【小学生】縮毛矯正アフターケアは?注意点は?

縮毛矯正後のストレートを保つために大事なことは・・・

  • シャンプー後は、髪をきちんと乾かすこと
  • くせ毛用のシャンプーを使用すること

です。

アフターケアを行うことで、縮毛矯正をかけて4ヶ月経過しましたが、ストレートを保つことが出来ています。

 

シャンプーは、アミノ酸入りの商品がおすすめですよ。

↓     ↓

 

縮毛矯正をかけた直後の注意点は・・・?

  • シャンプーは24時間後に行う
  • 当日はゴムで結ばない

縮毛矯正かけた直後は、薬剤で髪が柔らかくなっています。摩擦や刺激に弱いので、最低でも丸1日はシャンプーは避けましょう

小学生が縮毛矯正かける日は、学校が翌日休みの週末・長期休みがおすすめです。

 

[quads id=1]

まとめ

 

今回は、小学生の縮毛矯正はいつからかけれるのか?縮毛矯正をかけることのメリット・デメリットを説明しました。

くせ毛で悩む娘の縮毛矯正をした体験談も紹介しました。

 

ポイント

《縮毛矯正は小学生はいつでもかけることが出来る》

しかし、条件がある

《縮毛矯正のメリット・デメリットをそれぞれ説明》

《小学6年生が実際に縮毛矯正をした体験談を紹介》

《縮毛矯正のアフターケアや注意点を説明》

 

小学生の子供が、くせ毛に悩んでいるママは多いと思いますが・・・縮毛矯正してよかったですよ!

SNSで質問したところ、縮毛矯正をやってよかった!と言う意見も頂きました!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

-子育ての情報