流星群の情報

【2022】宮崎でみずがめ座δ(デルタ)南流星群が見えるピークの時間は?方角や見える場所も紹介

※この記事はプロモーション広告を利用しています

 

こんにちは。

みずがめ座δ(デルタ)南流星群は、夏に見られる流星群の一つです。

7月中旬から8月下旬にかけて活発になり、2022年7月30日がピーク(極大)となります。

 

宮崎でみずがめ座δ(デルタ)南流星群が見れるのはいつ?

ピークの時間は何時?

方向や方角も知りたいな。

流星群見るとき注意することあるのかな?

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容は以下の通りです。

 

ポイント

  • 【2022】宮崎でみずがめ座δ(デルタ)南流星群が見られるピークの時間はいつ?
  • 【2022】宮崎でみずがめ座δ(デルタ)南流星群が見られる方角や方向は?
  • 【2022】宮崎でみずがめ座δ(デルタ)南流星群が見られるおすすめの場所は?
  • 【2022】みずがめ座δ(デルタ)南流星群とは?
  • 【2022】みずがめ座δ(デルタ)南流星群の観察で注意点や準備物
  • まとめ

 

天体観測は、いつ?何時?どこで?と事前情報が必要になります。

この記事を読むことにより、宮崎でみずがめ座δ(デルタ)南流星群が見られる日にちやピークの時間帯、方向や方角、またおすすめの観測場所がわかります。

 

学生の方は、夏休み期間でもあると思うので是非観測してみて下さい!

月は新月を過ぎたばかりで、夕方過ぎには沈むので、月明かりに影響が少ないため観測には好条件ですよ。

 

早速みて行きましょう。

本記事は2分で読めます。

最後まで読んでみて下さい。

 

 

【2022】宮崎でみずがめ座δ(デルタ)南流星群が見られるピークの時間はいつ?

 

2022年、宮崎でみずがめ座δ(デルタ)南流星群が見られるピーク(極大)はいつなのでしょうか?

以下の通りです。

 

《ピークの日にち》

2022年7月30日(土)

《見ごろの時間帯》

2022年7月30日(土)深夜~7月31日(日)明け方

 

2022年のみずがめ座δ(デルタ)南流星群の観測条件は「良好」です。

理由は、冒頭にも書きましたが、月は新月を過ぎたばかりで、夕方過ぎには沈むので、月明かりに影響が少ないためです。

 

2022年のみずがめ座δ(デルタ)南流星群の出現時期は、7月12日~8月23日です。

ピークの時間限らず前後で見ることができますよ。

 

みずがめ座δ(デルタ)南流星群の出現期間は、やぎ座α流星群やペルセウス流星群も活発なので、かなりの流星群を見ることができます。

 

8月13日にピークを迎える「ペルセウス流星群」はこちらを参考にして下さい。

↓     ↓

【2022】宮崎でペルセウス座流星群が見れるピークの時間は?方角や見える場所も紹介

  こんにちは。 ペルセウス流星は、「三大流星群」の一つで夏の定番の流星群です。 7月中旬から8月下旬にかけて活発になり、2022年8月13日がピーク(極大)となります。   宮崎 ...

続きを見る

 

みずがめ座δ(デルタ)南流星群以外の流星群も出現しているの時期で、判別は難しいかも知れません。

日本で見えるみずがめ座δ(デルタ)南流星群の数は、1時間で5~10個程です。

ゴールデンウィーク期間中にピークを迎える、みずがめ座η(イータ)流星群に比べるとやや地味な流星群になります。

 

空が暗い場所であれば、「天の川」「木星」「土星」も見れるかもしれませんよ。

 

[quads id=1]

 

【2022】宮崎でみずがめ座δ(デルタ)南流星群が見られる方角や方向は?

 

宮崎で、みずがめ座δ(デルタ)南流星群が見られるおすすめの方角や方向はどこになるのでしょう?

以下の通りです。

 

南東の空

 

みずがめ座δ(デルタ)南流星群がピーク時の2022年7月30日では、午後8時過ぎに放射点が東の空に昇ります。

その後次第に高度を上げていき南の空に昇ります。

みずがめ座δ(デルタ)南流星群の放射点(※)はあまり高くないのですが、新月の影響もあり月がないので好条件でみずがめ座δ(デルタ)南流星群を見ることができます。

 

以上のことから、放射点(※)が東から南なので、南東の方位・方角がベストですが。

↓     ↓

南東とは決めずに、暗い空全体を見上げると良い

 

※放射点とは・・・流星群のもとになる流星物質は毎年同じ方向に飛んできます。流星が飛び出してくる場所は天球の一点に集まります。この一点を「放射点」と言います。

 

みずがめ座δ(デルタ)南流星群の放射点は、みずがめ座の中のあります。

星座早見表などを利用し、みずがめ座を調べてみましょう。

 

 

宮崎県の地図をご参照下さい。

 

 

宮崎は、太平洋の方角が「南東」になります。

 

[quads id=1]

 

【2022】宮崎でみずがめ座δ(デルタ)南流星群が見られるおすすめの場所は?

 

流星群を上手に観測するためには場所選びも重要ですよね。

 

宮崎県おすすな観光スポットを紹介します。

 

堀切峠(宮崎市)

 

たちばな天文台(都城市)

 

椿山星空展望台(宮崎市)

 

都井岬灯台(串間市)

 

中小屋展望台(東臼杵郡 美里町)

 

流星群観察に適した場所

  • 天文台や展望台
  • 海岸
  • 街灯など光がない場所
  • 高い建物がない場所      など

 

みずがめ座δ(デルタ)南流星群は、放射点が比較的低いので地平線近くまで見渡すことができる海岸などがおすすです。

 

 

[quads id=1]

 

【2022】みずがめ座η流星群とは?

 

みずがめ座δ(デルタ)南流星群とはどんな流星群なのでしょうか?

 

  • 母彗星は、マックホルツ彗星
  • 主に南半球で活発に出現、日本では放射点が低いため出現数はそれほど多くない
  • 放射点は、みずがめ座の足辺りのδ(デルタ)星付近にある

 

みずがめ座と名がつく流星群は、みずがめ座δ(デルタ)南流星群だけはありません。

このほかにゴールデンウィーク期間中にかけて出現するみずがめ座η(イータ)流星群もあります。

 

[quads id=1]

 

【2022】みずがめ座η流星群の観察の注意点や準備物

 

流星群観測の注意点や準備物をまとめました。

 

メモ

  • 真夏だが、夜露で体が冷える場合もある⇒長袖の準備
  • 蚊など虫が多数発生⇒虫よけスプレーや長袖
  • 暗い⇒懐中電灯、方位磁石は便利
  • 野生の動物注意が出没する場合がある⇒事前に情報チェック
  • 居眠り運転注意に注意⇒出かける前に十分な睡眠が必要
  • マナーを守る、大声出さない、私有地に入らない
  • レジャーや椅子の準備     など

 

宮崎の夜は、熱帯夜のことも多いのでこまめな水分摂取をしましょう。

 

[quads id=1]

 

まとめ

 

今回は、2022年宮崎でみずがめ座δ(デルタ)南流星群の見えるピークの時間や方角、場所を紹介しました。

 

  • 《ピーク日時》

2022年7月30日(土)深夜~2022年7月31日(日)明け方

  • 《方位・方角》

南東がベストだが、空全体を見上げるとよい

  • 宮崎でおすすめの場所の紹介

 

夏休み期間・週末でもあるので、ゆっくり楽しめそうですね。

小学高学年の理科の授業は、天体観測があります。

お子様と一緒に天体観測も夏の思い出になりそうですね。

天気が良く、流星群がみれますように。

 

この記事が少しでもお役にたてたら幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

-流星群の情報